今の青汁はおいしいが当たり前!アレンジレシピもたくさん

おいしい青汁
青汁というと、まず最初に思い浮かべるのが「まずい」というものですよね。そう、青汁というのはまずくても飲み続けることで不足している栄養をしっかりと補えるまさに「薬」のようなイメージでした。

しかし、今の青汁のイメージは全く違うものです。テレビCMでもよく目にしますが、粉末タイプのものでもお湯だけではなく氷水でも簡単に溶けます。

さらに、何より驚くのがそのまま飲んでも「おいしい」という事です。もちろん商品にもよると思いますが、最近の青汁はおいしいのが当たり前なのです。

確かにどんなに身体によい青汁でも、おいしくなければ長続きはしませんよね。でも、青汁のような健康食品は利用し続けることで初めて効果が得られるものなんです。

私自身も青汁はまずいというイメージがあり、利用したことはありませんでした。
しかし、毎日の食生活で栄養不足が気になるようになり、初めて粉末の青汁を利用してみました。

始めて飲む青汁、もちろん味は期待していませんでした。でも一口飲むと、それはとてもおいしかったんです。想像していたような青臭さや苦さなどは全くなし。

どちらかというと抹茶や緑茶のようなさわやかな味で、しかも後味もすっきり。私の青汁のイメージはその一口で確実に変わりました。

ただ、青汁と一言に言っても様々なメーカーから販売されているので中には口に合わないものもあります。それでも、牛乳に溶かして飲めば、どれもおいしく飲むことができます。

しばらくは、水・お湯・牛乳に溶かして飲んでいましたが、やはり毎日となるとだんだん飽きてきますよね。そこで私はもっとおいしくて楽しい青汁の取り方をいろいろと調べてみました。

一番始めに試したのはヨーグルトに混ぜて食べる方法。これは青汁というよりも抹茶ヨーグルトのようでとてもおいしかったです。

次に、パンケーキに粉末を混ぜて抹茶風味のパンケーキを作ってみましたが、こちらはあまり味が気にならずもちろんおいしいものでした。

他にもケーキやスムージー、クッキーなど、青汁の活用方法は本当に無限大なんです。
もちろん基本的には牛乳や水などに溶かして飲んでいますが、今では粉末抹茶のように利用して様々なレシピにチャレンジしています。

青汁というのは「まずい」ものから「おいしい」ものに確実に変わっています。さらに最近では、青汁自体の味がフルーツ味などより飲みやすいものも販売されているようです。

これからもいろいろな青汁を試したり、レシピを試したりして楽しく健康を目指したいですね。

【公式】フルーツ青汁の飲み方や料金まとめ